トラベルジャーナル 学科ブログ(トラジャルの「今」を更新中!)

AIRLINE エアライン科

観光業界コラム

2020.08.11

【先生ブログ】自分を変える!夏休み

こんにちは!
エアライン科の上田です。


今年は春先からCOVID-19の影響で、波乱万丈の年度始まりでしたが、
なんとか前期授業も終了し、夏季休暇に入りました。


休暇中も学生は集中講座がありますし、今後の就職活動向けての
大切な時期なので、私たちも気が抜けません。


集中講座といっても、夏休み中あるわけではないのですが、
今年は例年のように出かけたり、ショッピングしたり・・・
は少し我慢しなければいけないかもしれませんね・・・。


さて、エアラインをめざす皆さんの中には、
(このままエアラインをめざしていいのだろうか・・・)、あるいは
(就職先はあるのだろうか・・・)と、
不安に思っていらっしゃる方もおられると思います。


ニュースでも「完全に(コロナ前の状態に戻るのは)2024年頃」などと
言われているので、なおのこと心配だと思います。


私たちも、当然ながらそのような報道について専門的に述べる立場にはありませんし、
皆さんに対して何の根拠もなく「大丈夫よ」とは言えません。


でも、これまでも世界ではSARSやMERSなどがアジアやカナダ、あるいは
アラビア半島などで流行しましたが、人々は乗り越えてきました。


さらに、各航空会社も減便が続きながらも1便でも元の状態へ戻そうと
調整や努力を続けておられます。


とにかく何かを変えようと思ったら、「動く」ことが大切だと思います。
自分が動かないと、当然ながら自分の周りも何も変わりません。
動いた結果、最終的に「ここではない」との結論に達したのなら、その時はご自身の
気持ちや判断に従えば良いのではないでしょうか。



何もせずに、ただ(どうなるのだろう、どうしよう・・・)と見えない先のことを案じていても
時間は皆に平等に過ぎていきます。
見えないからこそ、少しでも見通せるようにぜひ動いてみましょう!



そして自分の頭で考え、判断を下すためには

「本を読み、人から学び、経験を積むこと」

だと思います。


家にいることが多いであろう夏休みですが、家にいても「行動すること」はできるはずです。
皆さんの「Stay Home」の夏休みがいつも以上に充実したものになることを願っています。


エアライン科
上田綾子

エアライン科 ブログTOP

カテゴリー