学校法人トラベルジャーナル学園 ホスピタリティ ツーリズム 専門学校大阪 エアライン科/旅行科/鉄道サービス科

MENU

自分を変える魔法の一年間
中国語を学ぶ
台湾留学

今こそ、中国語
“中国語をあなたの強みに"

2018年、インバウンドは3,000万人を突破。その2分の1が中国語圏(中国語・台湾・香港)からの観光客。
そのため、中国語を話せる人材が求められています。
だからこそ、中国語を習得することで、有利に就職活動を進めることができます。
さあ1歩を踏み出して、自分を変える”魔法の1年間”を始めよう。
※訪日外国人観光客

留学前も留学後も
しっかりフォローする
サンドイッチ留学

Illust
Illust
  1. 1年目

    基礎からしっかり
    留学準備

    留学対策授業の徹底

    通常授業に加え留学準備講座を行います。留学先での生活に必要な中国語を学び、出発前に中国語で話す心構えを身につけます。

  2. 2年目

    留学

    台湾校
    少人数クラスで
    中国語を習得

    台北で1年間を過ごし、4ステップに分けてビジネス中国語や中国の文化を学ぶ

  3. 3年目

    留学を活かして
    就職活動

    中国語を活かして就職活動

    身につけた中国語のスキルを強みにして就職活動

福原 幸来亜さん
枚方なぎさ高校(大阪府)出身

台湾留学3のポイント

Feature
POINT01

名門国立大学
で受けられる!

台湾のほとんどの中国語センターで国立台湾師範大学の教科書が使用されているほど、中国語に強い大学です。基本会話から接客サービスで通用する中国語まで、幅広く学べるのが魅力。

POINT02

オリジナル授業で
弱点を克服!

大学の授業は他国の留学生も一緒に受けるため、日本人向けの対策ができません。そこで当学園では、苦手になりやすい発音を中心としたフォローアップを独自の授業で実施。また、業界事情やインバウンド対策など、就職につながる講義が受けられるのも当学園ならではです。

POINT03

中国語以外の
授業も充実

大学が提供する文化体験授業や、当学園オリジナルの交流授業を通じて、言葉だけではなく文化まで学ぶことができます。言語だけ知っていても、良質なサービスは提供できません。文化まで理解することで、本物の“おもてなし”が身につくのです。

名門国立大学で
文化と共にまなぶ
1年間

台湾トップレベル
伝統ある国立大学
中国語教師養成課程があるため、中国語学習で規模、質ともに台湾トップレベルを誇る、伝統ある国立大学。
日本語のできる事務員もいるため、安心して学習できます。

スクールライフレポート

  • 授業

    70カ国以上の留学生が学ぶグローバルな環境で中国語を勉強するので、世界中の人と友達になることができます。

  • 施設

    国語教学センターの目の前には大学自慢の図書館。美術館の様な館内には約55,000冊もの書物が所蔵されています。

  • 休み時間

    敷地内にはゆっくりできるスペースがたくさん。お昼はカフェや食堂を利用できます。

  • サークル・部活

    スポーツの強豪校として有名な大学内には立派な施設がいっぱい。サークルや部活に所属できるほか、ジムなどの利用(一部有料)も可能です。

  • 放課後

    屋台文化が発達した台湾では外食がポピュラー。大学周辺に夜市があるので、友達と一緒に食事に行くのも楽しい。

  • 学生寮

    生活を送るのは国語教学センターに隣接する学生寮。2人部屋で勉強机完備。慣れない外国での生活でも管理人が常駐する学生寮なので安心です。

    ※学校近辺で一人暮らしすることも可能です。

当学園スタッフが
生活を完全サポート!

生活していると、どうしても起こってしまう困りごと。そんな時は、現地に駐在している当学園スタッフに相談できます。24時間体制でサポートするため、台湾でも安心です!大学にも、日本語を話せるスタッフがいます。 授業や学生生活での悩みは、ぜひ彼らにも相談してみてくださいね。

年間イベント

  • 2月台北到着/台北市内観光
  • 3月授業開始(1学期)
  • 4月清明節・春休み(4/1〜4/7)
  • 5月学期休暇(5/28〜5/31)
  • 6月2学期開始
  • 7月-
  • 8月学期休暇(8/24〜8/31)
  • 9月3学期開始
  • 10月地域交流イベント
  • 11月学期休暇(約3日間)/フィールドトリップ(台南・高雄方面予定)
  • 12月4学期開始/観光関連業界インターシップ/修了式/帰国

留学体験者の声

Voice

台湾留学を希望した理由は、中国語を身につける事でコミュニケーションの幅が一気に広がり、さらに多くの方々との繋がりを増やしたいと思ったからです。また、訪日中国人が年々増え続けている中で業界では中国語を話せる人材が求められているので希望しました。将来はエアライン業界に就職し、中国語を活かしてお客様のサポートや日本のおもてなしを伝えていきたいです。

岩井田 恵さん
エアライン科 
キャビンアテンダントコース

台湾留学の情報がぎゅっと詰まったパンフレット
「let's Enjoy in TAIWAN」を無料でお届けします!

資料請求はこちら