MENU

産学連携授業

現場体験を大切にする授業

業界とのコラボレーションにより、ニーズにあった実践力・即戦力のある人材を養成しています。

本校は、もともと「即戦力として活躍できる人材を育成する学校を作ってほしい」と業界からの要請で創立された学校。業界とのキズナはどこよりも強く、教育カリキュラムや就職など様々な面でコラボレーションすることで業界のニーズに合った実践力と即戦力を身につけます。

エヌオーイー(NOE) × 旅行科
自分たちが企画・提案した旅行ツアーが商品化されるってホント!?

10年連続
実施!

学生たちが企画した「卒業旅行ツアー」が
旅行会社エヌオーイー(NOE)に採用され、商品化!

旅行科の学生が企画したツアーを、旅行会社のプロの前でプレゼンテーションする…そんな産学連携授業が、実際に商品化に結びつきました。旅行会社であるエヌオーイー(NOE)より、「学生が行きたくなるようなツアーを考えてほしい」との依頼があり、それに応えて学生たちがプランニングしたもの。結果、最優秀プランに選ばれた企画が商品化されることになりました。
プランを考えた学生たちは、プラン通りのモニターツアーにNOEより招待され、実際に旅行した経験を活かしてさらにプランを練り上げました。また販売ツールであるパンフレットもNOEとイチから共同で制作し、表紙には自分たちの写真が入ったステキなパンフレットができ上がりました。プロと一緒に仕事をした日々は、きっとかけがえのない経験となったことでしょう。

商品化までの流れ

  • 1.授業の中で企業(NOE)から課題をいただく。

  • 2.グループごとにプランニング。

  • 3.それぞれのプランを企業の前で発表。評価を受ける。

  • 4.採用されたグループがモニターツアーを体験する!

  • 5.NOE担当者とパンフレット作成などの打ち合わせをする。

  • 6.パンフレットが完成して商品化!!

Osaka Metro × 鉄道サービス科

トラジャル生が考える企画切符

2018年4月に新たに誕生した「Osaka Metro」。そのOsaka Metro、そして大阪市の魅力を多くの人に感じてもらえるような企画切符を鉄道サービス科生が考えました。各チームとも個性豊かな企画切符を考え、プレゼンテーションをしました。なお、プレゼンテーション当日には、Osaka Metroの方々にお越しいただき、審査員として学生が考えた企画切符への講評をいただきました。もしかすると、近い将来ホントに実現するかも?!

「Osaka Metroフェスティバル」でイベントブースを展開

Osaka Metroが大阪市交通局の頃より年に1度実施している「Osaka Metroフェスティバル(旧:おおさか市営交通フェスティバル)」にて、鉄道をより身近に感じてもらえるブースを展開(3年連続)。どのような内容が楽しんでもらえるのかを考え、学生全員で準備をしました。当日は幅広い世代の方に楽しんでいただくことができ、大好評。わかりやすい説明を意識するなど、仕事についた時にも大切なことを改めて実感できた貴重なイベントでした。

各企業の人事担当者から、求める人物像を
直接教えてもらえるってホント!?

学内で企業説明会を行い、人事担当者から企業概要や求める人物像などを説明していただきます。また同じく学内で採用試験を実施する企業も。トラジャルへの期待と信頼がうかがえます。

150社以上の企業が学内で
説明会を実施しています!(2018年実績)

  • ANAビジネスソリューション
  • CKTS
  • J&Jヒューマンソリューションズ
  • JALスカイ大阪
  • JCBトラベル
  • JR西日本交通サービス
  • KNTビジネスクリエイト
  • Kスカイ
  • TEI
  • WILLER
  • エイチ・アイ・エス
  • エヌオーイー
  • エムハートツーリスト
  • エモックエンタープライズ
  • 近江鉄道
  • 近畿日本ツーリスト関西
  • 国際航空旅客サービス
  • ジェイアール東海ツアーズ
  • 四国旅客鉄道
  • ジャッツ関西
  • 高松琴平電気鉄道
  • 南海国際旅行
  • 日本旅行
  • 阪急電鉄

他多数(順不同)